つみたてNISAとはどんなもの?【超投資初心者向けに解説】

投資
スポンサーリンク

どうも、しんばです。

投資によって将来のための金融資産を作っていく事が必須な時代になってきました。金融庁の報告書でも、長寿命化したライフプランには資産形成をしていく必要があるといった旨が主張されています。

でも、投資なんてしたことは無いし、どうしたら良いのかわからない!運良く利益が出れば良いけど…手を出して損はしたくないんだよね…。

そんな人にはつみたてNISAがオススメだよ。投資先選びを間違わなければ、ある程度の利益を見込んだ積資産形成が可能なんだ。

今回は「つみたてNISAとは?」を解説します。これから投資を始める方にとってもオススメな制度です。超投資初心者の私もここからはじめました。

私も最初は、手を出すと損をするという認識でした。ですが、しっかり調べてみるとリスクよりもメリットが高く、今すぐにでも始めたほうが良いという認識に変わりました。

  • 投資をしたいけれど何をしたら良いのかわからない
  • 投資って損する可能性(=リスク)があるから、怖い

そんな疑問を抱えている投資の超初心者向けに、つみたてNISAをシンプルに解説します。

つみたてNISAとは制度の名前

つみたてNISAって投資できる金融商品のことなの?

商品の名前ではなくて、投資制度の名前なんだ。つみたてNISAという制度の中で、認められた金融商品に投資をしていくイメージだね。

つみたてNISA、とは投資に関する制度の名前です。

まずはどんな投資方法なのか気になりますね。

初心者として理解して欲しい特徴はこれだけです。

1.長期間積み立てて
2.地道に利益を出していく
3.リスクの低い投資

とりあえず上記だけ理解しておけば良いです。

長い目で見てコツコツ資産を増やしていく地味な投資になります。

投資はリスクがあるのでリターンもあるわけなのですが、元本割れのリスクがあると日本人はビビってしまって、手を出さなくなってしまうそうです。それゆえ日本人の金融資産は預金が多いと聞きます。

では、リスクが抑えられているのならどうしょうか?少し気になりませんか?

少しだけ、投資に手を出してみたくなりませんか。

ちょっとだけ気になりますよね?

私はリスクを軽減させる事ができれば、預金ではなくて投資をしようというマインドに変わりましたよ!

なぜつみたてNISAはリスクが抑えられるのか次項で解説します。

分散投資でリスクを抑える!

投資の世界では、元本割れするリスクを避けるためによく言われる格言があります。

卵は1つのカゴに盛るな

これ。どういう意味かというと

カゴを落としてしまうと、全部卵は割れてしまう。2つのカゴに分けておけば、片方を落としても、もう片方が割れずに済む。という意図を表しています。

うーん、例だとわかりにくいですね。意訳すると、

投資先を絞ってしまうとそこがダメになった時に損失が大きくなってしまうので、投資先を分散させましょう

という意味です。この分散という考え方がリスクを抑える方法です。

分散にも3つの考え方があって、

  1. 種類(株式、債券など)
  2. 地域(国内、海外先進国、海外新興国)
  3. 時間(投資するタイミング)

それぞれの項目をうまくバラけさせる(=分散)事でリスクを抑え、安定的に利益が出せるわけですね。なるべくこれらのパラメータが偏らないような投資が、リスク軽減としては理想と言えます。

つみたてNISAをおすすめするのは、分散という考えがうまく反映されるような仕掛けになっているからです。選べる金融商品の特徴が下記のようなものになっています。

  • 投資先の分散   → 1、2
  • 定額を積み立て  → 3
  • 長期に渡って投資 → 3

右の数字は、上述の3つの分散に対応しています。

これらはすべて将来的に元本割れするリスクを抑えるための投資方法になっています。つまり、そもそも選べる商品が長期投資向きでリスクが抑えやすいものである、という事ですね。

利益は全額非課税

つみたてNISAの大きなメリットの1つがこれです。

運用で得られた利益は全額非課税

通常、株式投資や不動産投資等で得られた利益は20%の税金で持っていかれてしまいますので、実質は利益の80%しか手元に残りません。

例えば、100万投資して10万円利益が出た場合

 税金 = 利益 × 20%  → 税金は2万円 実質の利益は8万円 

この例で言えば、利益が2万円減ってしまうのです。利益がもっと大きくなれば税金で持っていかれてしまう額も大きくなります。制度ですからしょうがないのですが、なんだか悔しいですね。

仮にもっと大きな額として300万利益が出たとします。(割と現実的な年利で20年保持すればこれくらいは増えそうです)

この場合、税金で減ってしまう額は…60万円です。60万円ですよ?焼き肉に何回いけますか?お寿司は何貫食べられますか?

税金の20%ってなかなか大きいんですよね。

一方、つみたてNISAでは利益はすべて非課税…つまり税金が全くかからないのです。

300万円利益が出れば、そのまま手元に利益が残ります。全額手元に残るのは他の投資と違って、大きなメリットなんですね。

投資初心者はつみたてNISAからはじめてみよう

まとめます。

  • つみたてNISAは投資の制度
  • 3つの分散(種類、地域、時間)でリスク減
  • 非課税でお得

今回は、つみたてNISAがどのようなものなのか、シンプルに解説をしました。

コツコツ積み立てていく事で低リスクで投資ができますので、初心者には最適な投資であると言えます。ただ、前提は長期間という時間の力で資産を増やしていくわけです。一瞬で大金持ちになることはできませんが、逆に言えば大損をする事もないので安心し始めることができます。

つみたてNISAをはじめるなら楽天証券がおすすめです。

コメント