【超初心者】経済知識が無い素人が投資をはじめる3つの理由

投資 投資
スポンサーリンク

どうも、shimbaです。

投資という言葉を聞いてどんなイメージを持っているでしょうか。以前の私は、ギャンブルみたいなもので、経済の事もよくわからないし、失敗したら借金を背負うような不安なイメージしかありませんでした。そんな私がこれから投資をはじめようとしています。この記事では、私がなぜ投資をはじめようとしたのか理由を解説します。

経済知識が無い素人が投資をはじめる3つの理由

先に結論をお話します。理由は以下の3点です。

  • 年金制度の崩壊
  • 経済に詳しく無くても大丈夫
  • 気軽に投資ができるようになった

では、次項から詳しく解説していきます。

年金制度の崩壊

人生100年時代が到来し、寿命が伸び長生きをする人が多くなります。しかし、生きるのには生活費がかかります。老後は年金だけで生活をするという仕組みがこれまでの考え方でしたが、平成から令和になった現在、年金制度は崩壊します。金融庁も年金制度の維持は難しいと本性を晒しました。

最近、注目している税理士、大河内薫さんの動画でも語られています。おすすめです。

【年金崩壊】金融庁が認めた!?金融審議会「市場ワーキング・グループ」で「年金受給額は下がるからみんな頑張ってね」と無茶振り!【税理士が解説】

国の制度である年金だけに頼って生きる事はほぼ無理ですね。そうなると自分でお金をどうにか用意しないといけません。将来を生きるための方法の1つとして、自助という考え方を持たないといけません。

経済に詳しくなくても大丈夫

投資には経済知識が必要という思い込みがありましたが、それは間違いでした。

その理由は、投資信託やETFという投資の方法があるからです。この投資はインデックス運用と呼ばれるものです。経済指標に連動して自動的に運用をする投資で、あなた自身が運用をするのではなく、運用を機械的にやってもらいます。人間が判断をするわけではないので、大きく利益がでるわけではないのですが、逆に大きく損失がでるわけでもないのです。

投資した経済市場が成長して価値が高まる → 経済指標が伸びていく → 利益が出る

このようなイメージになります。こういった投資方法を選択することで、経済に詳しくなくても投資は可能なのです。もちろん、経済について知識が合ったほうが、様々な意思決定をするうえでは有利かと思います(正直なところ、私もあまり経済は詳しくないです)。

気軽に投資ができるようになった

以下の2点によって、投資のハードルが下がり、気軽に投資できるような時代になりました。

  • インターネットで投資ができるようになった事
  • 少額の投資ができるようになった事

スマホやPCで取引ができるようになった事で、金融機関の窓口で購入しなくても、自宅で投資ができるようになりました。窓口に行く行為が、投資への腰を重くしているような気がしました。

それから、100円単位などの少額での投資もできるようになりました。大きい金額だと不安や損をするリスクが高くなるので、そういったハードルも下がってきています。

また、自動で投資をする設定にすれば、たまに確認をするくらいで放置をする事も可能です。

まとめ

以上、投資をはじめる理由を説明しました。まとめると次のとおりです。

・年金に頼らず自分でお金を増やすため
・経済知識は無くても大丈夫なインデックス運用商品がある
・投資のハードルが下がったため

時代が良くも悪くも投資を推める流れになっていると思っています。

投資は、損をするリスクはゼロではありませんが、銀行に預けておくよりも利益が出るものだと見込んでいます。預金にくらべて、能動的な行動で人生が面白くなると思っています。

もしインデックス運用で投資をはじめるのなら、はやめに始めることをおすすめします。長期運用、複利の恩恵を受けられますからね。

コメント