【主観で判断】お金の使い方には3種類ある【有効的に使おう】

お金
スポンサーリンク

どうも、しんばです。

生きていく上で必要なものの1つはお金ですね。

今回はこのお金の使い方を意識していますか?というお話をしたいと思います。

あまり無駄に使ってないと思うけどなあ…

あなたが稼いだお金ですから無駄に使いたくはないですよね。有効的にお金を使うには、その使い方が3種類あるという事を理解しましょう。

お金の使い方には3種類ある

具体的には以下のとおりです。

  1. 消費
  2. 浪費
  3. 投資

それではそれぞれを解説していきます。

使い方1:消費

お金の使い方の1つめは、「消費」です。

消費の定義は次のとおりです。

支払った価格 = 得られた価値

支払った価格と、それによって得られた価値がイコールになる状態です。

で、ただ注意点があって、「得られた価値」ってのは、主観によって決定されるものなので、みんなが同じモノやコトにお金をかけたとしても、使い方として評価される結果は全く別ものになるはずです。

今回は私の価値観での具体的な例を出しましょう。

主には生活費ですね。食品を買ったり、光熱費などです。

必要だと思って購入し、支払った額に対する価値を得られていると感じています。

その値段で買った事を後悔していなければ、基本的には消費になっていると思われます

使い方2:浪費

2つ目は「浪費」です。

消費と同じような方法で定義をすると次のようになります。

支払った価格 > 得られた価値

支払った価格よりも、得られた価値のほうが少ないと判断される場合は浪費です。

あまり有効的なお金の使い方とは言えませんね。

これも具体的にしてみましょう。

私の場合だと、コンビニスイーツなんかはまさにこれですね。

糖分ばかりで健康に良くないのですが、一瞬の欲求を満たすために買ってしまう事があります。

買いに行く時間やお金の出費、不健康などデメリットが明らかですね。

こういったものは小さいけれど、積み重なると地味に大きな金額にもなります。

他にも、安売りだからと必要以上に大量に買ってしまったり、ちょっと良い(高い)ものを買ったが、安いものでも良かった、実はいらなかったものなども浪費に当てはまりますね。

買ったことを後で後悔しているものがこれに該当しますね。

使い方3:投資

3つ目は「投資」です。

言うまでもなくこの使い方をすることで豊かな生活を送ることができます。

定義は次のとおり。

支払った価格 < 得られた価値

支払った価格よりも、得られた価値の方が大きい場合の事ですね。

リターンの見込める株式や投資信託などは、お金がお金を稼ぐ投資の代表格ですね。

それ以外にも、読書をすることで学びを得たり、セミナーに参加することも投資と呼べそうです。「自己投資」という言葉が使われますが、自分自分のスキルアップにつながるもののことですね。

セミナーや書籍代にかけたお金よりも、そこで得られた知識やスキルによって将来的に収入がアップするとすれば、明らかに投資と呼べますよね。

お金をかけてよかった!と感じられるものは投資と考えで良さそうです。

お金の使い方を意識づけてみよう

3つの使い方を解説しました。これを読んでいる方は、どの使い方が多いでしょうか?

ここ1ヶ月くらいで良いので、振り返ってみてください。

大きくお金を使ったことや、普段何気なく少額を使っていることがあると思います。

投資としてお金を使おう

3つのうち浪費が多いと感じた方は、今すぐに意識を改めることをおすすめします。浪費ばかりではせっかく稼いだお金を溶かしているようなものです。現状よりも、もっと豊かになれる使い方があるはずです。

消費が多いと感じた方は、無駄に使ってはいないようですので、そのまま現状維持でOKです。そして少しでも投資的な使い方が増えるとより豊かになれますね。

投資が多いと感じる方は、どうぞそのままお続けください。非常に有効的なお金を使い方であると言えます。その使い方が一番理想的ですね。

我慢しすぎるのも良くない

とはいえ、お金の使い方を縛りすぎるのもおすすめしません。

なぜなら、悪いストレスが溜まるからです。

幸せになるため・豊かになるためにお金を使うのに、お金を使うことを縛って悪いストレスがたまることで不幸せになるのは、本末転倒であり好ましいことではありませんよね。

浪費が大きくなりすぎるのも問題ですが、ほどよくバランスを取りながらお金を使う感覚を磨いていく事が大切なのだと感じています。

これからお金を支払うときには、これは投資かな?浪費かな?と考えながら

コメント